本文へ移動

SDGsへの取り組み

Sustainable Development Goals
SUSTAINABLEDEVELOPMENTGOALS
株式会社ヒデホームズ×SDGs
当社は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、
持続可能な社会の実現に向けた積極的な取り組みを行ってまいります。

株式会社ヒデホームズ
代表取締役 大井 英生
 
SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。
事務所・団体としての2030年の(または中長期的な)あるべき姿
環境を考えて木材にこだわり、災害に強く、住む人の健康を考え、長持ちする建物づくりを提案する。
事業所・団体としてのねらい特徴的な活動
国産及び北欧の木材を使用することにより、カーボンニュートラルの特性による環境負荷を考えた建築会社を目指す。
弊社の特徴である丸太組工法(ログハウス)の推奨と認知度アップの展示会開催を心掛ける。
SDGsの達成に向けた取り組み
❸ すべての人に健康と福祉を
これまでの取組み
新建材や化学物質等を一切使わず、天然素材である国産材・欧州材を使用した建築を行い、健康に良い癒される建物を作っていきます。
来年度の取組み目標
継続実施。
❹ 質の高い教育をみんなに
これまでの取組み
社員教育の一環として社外での同業者とのコミュニケーションをとりスキルを高めていきます。
来年度の取組み目標
年に一度国内や海外で全国の同業者さんと会議や研修会を行い、意見交換をして日々の仕事に良い影響を与えるように努力していきます。
⓫ 住み続けられるまちづくりを
これまでの取組み
CO2を吸収して育つ天然木材を積極的に多く使用することで、環境負荷を低減する。
来年度の取組み目標
木材廃棄処分の方法にも着目し、産業処理業者の選定を含めてCO2排出量の少ない処分方法の情報収集を進め、カーボンニュートラルの状態を維持します。
⓬ つくる責任 つかう責任
これまでの取組み
100%天然の木材で建物を建築をしており、自然塗料を標準採用しています。
来年度の取組み目標
継続実施。
⓭ 気候変動に具体的な対策を
これまでの取組み
地震や火災に強い建物づくりを常に目指しております。校倉造りの丸太組工です。
来年度の取組み目標
耐震等級3と耐火認定(60分)を取得して災害に強いまちづくりを提案いたします。
⓯ 陸の豊かさも守ろう
これまでの取組み
森林の管理を常に重視しているフィンランド産の木材で建物を建築しています。
来年度の取組み目標
フィンランドでは国有林を営林署がチェックして伐採計画と植林計画をしっかりと管理し、豊かな森を守っている(木材の合法性・持続可能性に配慮)。 この材料による年間5棟の建築を目標とします。また、フィンランドで広く使用されているPEFC(森林認証プログラム)やFSC(森林管理協議会)をはじめとした森林認証制度についても研究をしてまいります。
本 社
〒422-8047
静岡県静岡市駿河区中村町5番地
054-280-5331 FAX.054-280-5332
水曜日、日曜日定休
不動産部
〒422-8047
静岡県静岡市駿河区中村町5番地
054-281-9755 FAX.054-281-9756
伊豆営業所
※展示場は現在閉鎖中/下記へ移転しました。
〒410-2415
静岡県伊豆市大平162-3
055-879-3115 FAX.055-879-3114
水曜日、日曜日定休

《宅建業静岡県知事(5)11925号
《建設業静岡県知事(般−30)032885号
《建築士事務所静岡県知事登録(4)第7394号
【業務内容】
建築工事の設計・施工・管理 不動産の売買・交換・賃貸及びその仲介並びに所有管理及び利用 ヒデホームズ二級建築士事務所 損害保険の代理店業務 土木工事業 電気工事業 管工事業
1
0
1
9
9
8
TOPへ戻る